【登山・キャンプ料理 No. 106】炊飯器で簡単低温調理!山でサッと焼くだけの「はちみつ漬けローストビーフ」

こんにちは、山ごはん屋のいーぬいです!
「山でごはんを作って食べる!」事の感動を多くの人に味わって頂きたくて、 Twitter・インスタ・ブログを中心に情報発信しています!
 ・Twitterはコチラ
 ・インスタはコチラ
 ・Kindle で山ごはんのレシピ本を出版しました!!
  おかげさまでご好評いただいております🙌🙌🙌
 (Kindle Unlimitedに登録中の方は無料で読めます!)
今回ご紹介するのは、自宅で仕込み燕岳で食べた「はちみつ漬けローストビーフ」です。自宅の炊飯器で中までじっくり火を通し、山では表面をサッと焼くだけですので簡単に楽しめます。さらに、はちみつで漬けることでお肉を柔らかく仕上げることができますよ!実際食べてみても、驚きの柔らかジューシーさでした。是非味わってみてください!

スポンサーリンク

1. はじめに

私事ですが…登山を通じで出会った女性と結婚しました!!登山大好き夫婦なので、なんとか思い出の山でウェディングフォトを行いたいと思い…「燕岳ウェディングフォト大作戦」を決行しました!!

【燕岳メモ】
・標高 2762m
・長野県の二百名山
・急登が続くため体力必要
・個人的好きな山TOP5入り🏔
・鎖場ほぼなし。北アルプスデビューに👍
・山頂は花こう岩による奇岩が多くまるで異世界
・白い山容から「北アルプスの女王」と呼ばれる✨
・途中の合戦小屋で500円でスイカが食べられる🍉

ルート詳細(YAMAPの記録)はこちら↓

燕岳ウェディングフォト大作戦!! / いーぬい⛰山ごはん屋🍳さんの常念岳・大天井岳・燕岳の活動データ | YAMAP / ヤマップ
※アクセス  マイカーで燕岳登山口まで。  そこからピストン。 ※メモ  ・登山口近くに無料の第1~3駐車場あり。   ただし、朝8:20の到着時にはほぼ満車💦  ・撮影込みのルートタイムです。  ・撮影は友人で凄腕カメラマンの

 

2.お役立ち記事の紹介

油・スパイスの持ち運びはこちら↓

登山・キャンプでの調味料・油の持ち運びには 100円均一アイテム がおすすめ!!
基本的には 100円均一のケース類を、無印良品で購入したポーチに入れています。 要点をざっくりまとめると、ポイントは以下の通り。 ・ スパイス ➡ ダイソーのクリームケース ・ オリーブオイル ➡ セリアのタレビン ・めんつゆ ➡  R-1 ヨーグルトの空ボトル ・調理酒(バーボンバーボンウィスキー) ➡ スキットル ※100円均一のアイテムは、大体どこでもOK

クッカーの選び方についてはこちら↓

登山歴10年以上の私がおすすめできるコスパの良いクッカー&ガスバーナーはこれ!選び方とおススメをご紹介(登山・キャンプ・防災に)
初心者向けに使いやすさ&コスパの観点から考えると、クッカーは「メスティン」、バーナーはsnowpeakの「ギガパワーストーブ「地」」が良いと思います。(私も愛用しています!!)

道具選びの参考に↓

アウトドア歴10年以上の私も毎年活用。ふるさと納税で入手できるアウトドアグッズ返礼品のおすすめ5選
今回はお得にアウトドアグッズを入手する手段として、 ふるさと納税を利用した方法をご紹介します。 この制度を活用すると税金が費用負担分軽くなるので、 非常にお得に道具を入手することができます。

 

 

3.はちみつをお肉に漬ける効果

はちみつをお肉に漬けることで、以下の効果が期待できるとのことです。

はちみつをお肉に漬ける効果
①お肉が柔らかくなる!
はちみつのブドウ糖・果糖が肉の中まで浸透することで、焼いても固くなりにくくなる。

②肉汁漏れを防ぐ!
お肉の表面をはちみつがコーティングしてくれるので、肉汁が抜けにくくなる。

実際に食べてみても効果を実感できましたので、是非試してみて下さい!

4.. レシピ紹介

スポンサーリンク

作り方
〇 (家で)お肉に塩コショウを振り15分ほどおき、余計な水分を抜く。









〇15分後、余計な水分が出てくるのでふき取る。










〇耐熱ポリ袋に肉を入れ、タイムを適量、はちみつを入れよくも見込む。









〇 空気を抜いて袋をしばり、炊飯器に沸騰させたお湯+少し冷ますために水道水を常温で50mlほど入れ、保温で45~60分待ったら取り出し、粗熱をとって冷蔵庫で冷ます。
※温度の理想は70℃くらい。熱湯から少し冷ましたお湯がベスト。





〇 (山で)保冷したまま山へ持っていく。










〇(山で)オリーブオイルをひき、中火でサッと表面に焦げ目をつけたら火を止める。(中に火は通ってるので、加熱はサッとでOKです)






〇 少し冷ましたら、ナイフで薄くカットして完成。







 

表面をサッと焼いたら完成です。既にあたり一面においしそうなお肉の焼ける匂いが溢れています。実は炊飯器での低温調理だけでお肉に火は通っているので、山で焼かなくても食べられます。が、やっぱり表面に焼き目を付けた方が香ばしさが出るので断然おすすめです!

バックの燕岳も最高にカッコいい…。

ちなみに食べてるところはこんな感じ。ウェディングフォト中でしたので、服にはねないよう必死でした(笑)


それではカットしていきます….。


中は鮮やかなピンク色!!低温調理は大成功でした。ちなみにまな板は干した豆乳パックを持ってきました。(牛乳パックでももちろんOKです)それでは実食…。



とっても柔らかい…!!はちみつの甘さはほんのり感じますが、お肉のジューシーさがとてつもないので、「主役の肉の味をガッツリ感じる!はちみつは名わき役でちょっと感じる!」というイメージです。はちみつ効果で肉汁の漏れが少ないので、噛むたびに肉の旨味がじわじわ広がっていきます。これは本当に美味しすぎます。しっかりと肉に味をつけているので、タレは不要でした。タレつけるのはもったいないくらい、濃縮した肉のうまみを感じることができるので、ぜひそのまま食べていただきたいです。

 

以上、最後まで読んで頂きありがとうございます!
ごちそうやまでした!!

ーーー

 

山ごはんレシピもりだく山!! - にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました