【山道具】山ごはんを作るなら、このクッカー&バーナー!!選び方とおススメをご紹介

こんにちは、山ごはん屋のいーぬいです!

「山でごはんを作って食べる!」事の感動を多くの人に味わって頂きたくて、
Twitter・ブログを中心に情報発信しています!

Twitterはコチラ↓
https://twitter.com/iinui88/status/1344190717921349637?s=20

今回の記事では、山でごはんを作ってみたい人向けにおススメのクッカー、バーナーをご紹介します!

ズバリ結論!(記事の要約)

▷ 初心者向けに、使いやすさ&コスパの観点から考えると、
 クッカーは「メスティン」、バーナーはsnowpeakの「ギガパワーストーブ「地」」
 良いと思います。(私も愛用しています!!)

私も使っている、おすすめのクッカー「メスティン」がこちら↓



【amazon】MiliCamp メスティン キャンプ アウトドア炊飯 飯盒 バリ取り不要 登山 山飯 MR-250 ソロキャンプ 野外用食器

【楽天】MR-250 Pro メスティン 4in1セット キャンプ 飯ごう バリ取り済 アウトドア 自宅炊飯 防災対策 絞り加工 目盛付(MR-250 Pro 4in1セット)

【ポイント】
・ラーメン、パスタの他に、蒸し、燻製もできる。
・袋ラーメンも半分に折れば可能。
・一人用ごはんが得意。
・煮物が得意。
・コスパも◎
・収納性も◎

私も使っている、おすすめのバーナーがこちら↓

【amazon】スノーピーク(snow peak) ギガパワーストーブ 地 GS-100R2


【楽天】スノーピーク snow peak 屋外専用 直結型カセットコンロ ギガパワーストーブ 地 GS-100R2

【ポイント】
・コンパクトなのに火力も十分!!
・安い!5000円以下でコスパ◎

 

もしくは、大人数分のごはんを作りたい・炒め物をしたいのであれば、「フライパン型」もおすすめです!!私も使っている、おすすめのフライパン型クッカーがこちら↓

では、それぞれ詳細を解説していきますね。

① クッカーについて

個人的な見解ですが、クッカーの種類は以下の3つにざっくり分けられます。
①メスティン ②まる型・筒型 ③ フライパン型

それぞれの特徴とメリット(◎)・デメリット(△)をまとめてみました↓

① メスティン


【特徴】
◎   ラーメン・パスタ等の麺類を調理しやすい
◎ 密封性が高く、蒸し料理・燻製もできる
◎ コンパクトで収納性抜群
◎ コスパも良し
◎ 高い熱伝導率で、ご飯が美味しく炊ける(粒だって本当に美味しい^^)
△ 炒め物は焦げやすい(すぐ真っ黒に…お酢を使えばすぐキレイになるが面倒)
△ 作れる量が限られる

②まる型・筒型


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 一人用鍋セット オーリック 小型 ガスバーナーコンロ・クッカーセットM-6400

【特徴】
◎ 収納性抜群 ガス缶が中に納まるタイプが多い
△ 焦げやすい(炒め物には向かない)
△ 底が深いので火が通りづらい+焼き物は少しずつしかできない
  (縦長なので、中心がまだぬるい…なんてコトがよくあります。)

③ フライパン型


エバニュー(EVERNEW) アルミフライパンラウンド#18 ECA196 “ECA196”

【特徴】
◎ 焦げにくい
◎ 火の通りが早い(時短+ガス節約^^)
◎ 焼き物、煮物も美味しく作れる
◎ 袋ラーメンも丸々入る
△ 収納性イマイチ。大きいのでかさばるし、ガス缶も入らない。
△ ちょっと高い。
△ フタ付きのものが、ネットではなかなか手に入らない。
 
結論、ケースバイケースではあるのですが、
初心者の方であれば、①のメスティンがおすすめです!
とにかく使いやすい&コスパも優秀なのが良いところ。
お湯を沸かすだけ、収納性重視なら②まる型・筒型のクッカーでもOKかと思います。

③のフライパン型であれば、炒め物・煮物などマルチになんでも作ることができますし、大人数分の料理も得意です。しかしながら、ちょっと値段が張る点や収納性を考えると、やや玄人向きな気がします。

尚、個人的には「深さのあるフライパン型」がベストだと思っています。
炒め物・煮物・大人数の鍋料理までなんでも作れちゃいます!!
しかしながら、最近のネット通販ではフタ付きのものが手に入りにくい、ちょっと高いので、
慣れてきたらで良いと思います。(私は一番このタイプを使っています!!)


【amazon】エバニュー(EVERNEW) アルミフライパンラウンド#18 ECA196 “ECA196”

【ポイント】
・袋ラーメンがそのまま入る(メスティン・丸形コッフェルだと難しい…)
・鍋物、焼き物、なんでも出来る!

 

② ガス缶について

ガス缶は、小さいタイプのOD缶(写真左)と長いタイプのCB缶(写真右)のCB缶があります。
CB缶は安くてコスパ◎なのですが、風があると火力が安定しません。
(山頂で、いつまでたってもお湯が沸かなかった苦い経験があります…^^;)
なので、山でごはんを作るならOD缶タイプがおススメです!

また、私はいつもヨドバシのネットショップで購入しています。すぐ届くしポイントもつくのでおススメ!
https://www.yodobashi.com/product/100000001001803797/

※ 以前の記事で、「ヨドバシでクッカーも購入したほうがお得」と書きましたが、最近Amazonも安くなってきたので、大差なくなってきました。恐るべきAmazon…

③ バーナーについて

バーナーを選ぶ主なポイントは、値段・収納性・台座(クッカーを乗せる部分)の大きさだと思います。
※火力性能は勿論ありますが、判別しづらいのでここでは割愛します…

意外と見落とされがちなのが、台座(クッカーを乗せる部分)の大きさ。
ココが小さいと、重いものを乗せた時にかなり安定感が悪いです。
せっかく作った山ごはんがひっくり変えるなんてことも…
ですので、個人的には下記の台座が小さいタイプは、あまりおススメしません。


その点、こちらは台座もある程度安定しており、総合的に見てもかなり使い勝手が良いと思います!
【初心者におすすめのバーナー】

【amazon】スノーピーク(snow peak) ギガパワーストーブ 地 GS-100R2


【楽天】スノーピーク snow peak 屋外専用 直結型カセットコンロ ギガパワーストーブ 地 GS-100R2

【ポイント】
・コンパクトなのに火力も十分!!
・安い!5000円以下でコスパ◎

 

携帯性よりもコスパを優先するなら「キャプテンスタッグ オーリック 」がおススメです。

【多少重くてもよければ、こちらもコスパ◎】


【amazon】キャプテンスタッグ オーリック 小型ガスバーナーコンロ (ケース付) M-7900

【楽天】キャプテンスタッグ オーリック 小型ガスバーナーコンロ 圧電点火装置付 M-7900(1台)【キャプテンスタッグ】

【ポイント】
 ・バーナー4000円は破格!でも重量 300gは重め。
・台座がしっかりしていて、安定感◎

 

まとめ

以上、私がおススメするクッカー・バーナーの紹介でした!

結論、
クッカーは「メスティン」、バーナーはsnowpeakの「ギガパワーストーブ「地」」が良いと思います。(私も愛用しています!!)


是非ご参考にしてみてください^^
また、入門レシピ、その他のおススメグッズも書きに下記にまとめていますので、よければ併せてどうぞ!

【登山・キャンプ料理】アイデア満載の簡単初心者向けレシピ 6 選!山で初めてごはんを作りたい方におすすめ!
「コンビニで朝調達した材料を山で煮るだけ」、「自宅で下ごしらえして山で煮るだけ」、「そもそも火を使わない」といった、山ごはん初心者でも作りやすそうなレシピを紹介しています。
404 NOT FOUND | 山ごはん屋 山メシのレシピ・登山情報ブログ
かんたん!オシャレ!そして美味しい!そんな山ごはんをご紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました