【登山・キャンプ料理 No. 69】大根おろしに具を混ぜて冷凍!外でも簡単に作れる「冷たいおろしうどん」のレシピ

 

こんにちは、山ごはん屋のいーぬいです!

「山でごはんを作って食べる!」事の感動を多くの人に味わって頂きたくて、 Twitter・インスタ・ブログを中心に情報発信しています!
※Twitterはコチラ
※インスタはコチラ

あつ~い季節には冷たい麺を食べたいですよね!
実は、キンッキンに冷えたうどんを山で楽しめる、取っておきの方法があるのです。
それは…大根おろしに具を混ぜて冷凍して山に持っていくこと!!

山で冷たいおうどんを楽しみたい方にとっては、お得な情報満載ですので、ぜひ読んでいってくださいませ!

大根おろしうどんの楽しみ方

必要なものは、以下の3つです!

【材料】
① 冷凍した具材入り大根おろし
② 流水麺
③ R-1ヨーグルトの空ボトルに入れためんつゆ(めんつゆを別で持っていく場合。大根おろしに混ぜちゃってもOK)

こちらは全て、大根おろしに具を閉じ込めたものです。
左から、
① なめたけ+めんつゆ+梅干し+塩昆布でも
② レモン+ほぐしたサラダチキン+オクラ
③ トマト+ほぐしたサラダチキン+オリーブオイル
になります。お好みの具材を持っていきましょう!


この具を↓の流水麺にかければ、すぐに完成です。

流水麺は、どこのスーパーにも普通に売っていますよ!

【作り方】
山頂についたら、流水麺と具入り大根おろしを混ぜ合わせるだけです!
めんつゆを別で持っていきたい場合は、R-1ヨーグルトの空ボトルがおすすめです!

こんな感じで、混ぜればすぐ完成です!



器が汚れないように、ジップロックの中に流水麺を入れて食べるのも全然アリです!!
私もよく縦走初日にやります。
 
ここからは、中でも特に美味しかったレシピを詳しくご紹介しますね!

これが美味しい!!冷たい和風おろしうどんのレシピ




材料1人前
・大根おろし 大根 1/4 本ほど 
・梅干し 1 個(すっぱすぎるくらいが好きな人は2個)
・なめたけ お好みの量
・塩こんぶ お好みの量
・めんつゆ お好みの量(濃縮具合にもよるので)

スポンサーリンク

作り方

〇 梅干しを適当な大きさに刻む

 

 

〇冷凍可能なジップロックに、刻んだ梅干し、塩こんぶ一つまみ、なめたけ大さじ1、めんつゆ(濃縮タイプ)をお好みで入れる。

 

〇 材料を入れたジップロックを冷凍し、食べる日に山に持っていく

 

 

写真は「冷凍してから解凍した具材入り大根おろし」と「流水麺」

〇流水麺をメスティンに入れ、ジップロックの中身をぶっかけて混ぜれば完成!


 

…では実食!!
半解凍の大根おろしでキンッキン!なめたけのちょっと甘い味に、梅干しの酸味が抜群のアクセントです!
この具材たちの相性…めっちゃイイ!!!
普通に作り置きレシピとしても優秀ですね!

これをパクっと一口で行くのがよい!!夏に何度でも食べたいレシピです。
めんつゆを大根おろしにいれておいても、全然OKでした。


ちなみに器はダイソーのメスティン( 500 円 ) です。
これならごはんセット一式で簡単に山ごはんが楽しめますね!
山ごはんデビューにもうってつけのレシピかと思います。

私も早く山でこのレシピを食べたいです…
最近は雨続きですが、、、夏になったら北アルプス縦走初日にこのレシピを食べるのだ!!


以上、ぜひともご参考下さい。ごちそうやまでした!!

ーーー

 
 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました