一番簡単鶏チャーシュー!炊飯器の保温で絶品

〇安い!高たんぱく!低脂質!そんな鶏胸肉を美味しく食べられる!!
〇炊飯器の保温で3時間キープするだけ!鍋もレンジも不要!
〇冷蔵保存で三日持つので、自宅で作って外に持っていって食べることも可能!

そんな鳥チャーシューのレシピをご紹介します。

 

【材料】

材料はこれだけ!
〇 タレ (今回は白だし + ゆず胡椒)
〇 鶏胸肉 1枚
☆ポリ袋(耐熱で湯せん調理可能なもの)

 

【限定販売】送料無料1000円ポッキリ 300枚(26×39cm) 湯せん ポリ袋 加熱 冷蔵・冷凍 日本製 国産 ポリ袋 高密度ポリエチレン 防災 熱湯調理 湯煎 湯せん 茹でれるポリ袋 時短料理 時短調理 簡単調理 便利グッズ おしゃれ 湯煎袋 同時調理 複数調理 湯せん袋 ゆせん 牛丼価格:1,000円
(2020/7/23 17:47時点)
感想(25件)

【作り方】
①鶏むね肉を常温にする(冷蔵庫から出して30分程放置)
→保温の時に、芯まで熱が通るようにするため! 

②フォークでお肉全体に穴をあける
→お肉の繊維は熱を通すと縮んで硬くなってしまいます。なので、加熱の前に繊維を切って壊すことで、熱を通しても柔らかい仕上がりにするため!

③耐熱ポリ袋に、お肉と白だし(肉が浸るくらい)、ゆず胡椒(小さじ2くらい)を入れてよく揉みこむ。

④炊飯器に入れ、水を注いで2.5時間保温する(熱湯ではなく水を入れましょう!)
→熱湯でもできますが、じんわりゆっくり火を通したほうがお肉が柔らかくなるため、常温の水をおススメします!

⑤時間がたったら完成!炊飯器から取り出し、やけどしないように粗熱を取ってから食べましょう^^ 中のタレはお肉にかけていただくべし!!

 

 

マジでウマいです…!!これはお酒も進む進む(^^♪

 

〇結構量も多いので、食べきれなかった分は冷凍してしまいましょう。自然解凍でお弁当にも入れられます。

〇カットせずに袋のまま冷蔵庫に入れれば、3日くらいまではもちます。しかもタレがシミシミでさらに激うまになります^^

〇冷やしたまま山頂にもっていって、山できって食べる!なんてこともできますね^^山で火を使わなくて済むのに、謎の豪華感があって楽しいですよ!

〇余談ですが、日本では鶏モモよりも安い鶏胸肉、実は欧米だと鶏胸肉のほうが高価なのだそうです。理由は簡単で、栄養価が優れていて需要が高いからなのだそう。

 

節約したいけどがっつり食べたい!調理に手間をかけたくない!って人には最高のレシピですよ~!!是非お試しあれ!

 

以上!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました