【登山・キャンプ料理 No. 52】高級カニ缶を一番おいしく食べる!!カニの旨味を120%活用した「おつまみカニとまとパスタ」

【レシピ情報】
・所要時間 15分
・難易度 ふつう(火を使う+下準備いらない)
・プチ解説 カニ本来の味を楽しむには最高のレシピ。しかも日持ち材料で二日目もOK

スポンサーリンク

先ずは高級カニ缶をそのまま!!

今回はレシピ紹介の前に…手に入れたカニ缶のご紹介です!!
なんと、もらいもので超超高級なたらばがにの缶詰をGETしました!!
先ずはそのまま食べてみたくて

カニ缶はこちら!!カニさんがムキムキです笑

中身を開けると…高級そうな紙に包まれてる!!そしてカニの身がぎっしり…

先ずはそのまま実食…

圧倒的なカニの旨味!!しかも甘くてとっても上品!!
旨味が強すぎて、噛んでいると後味もやばいくらいカニの旨味が来ます。カニの波状攻撃…🦀🦀🦀🦀🦀

このカニ缶、高級すぎて普通のカニパスタやカニサラダにするのはちょっと持ったいないと思い、真剣にレシピをいろいろ考えてみました…。そして行き着いた答えが…カニ缶そのまま使ったおつまみパスタ!!だってカニ缶もかっこいいし!!!笑

ということで、材料たちも背負って東京都最高峰の雲取山を目指しました!!

カニの旨味を120%堪能できる最高極上レシピをご紹介!!

ということで、ここからレシピをご紹介!

材料2人前

・カニ缶(金線たらば) 1缶
・ニンニク 一片
・ミニトマト 3個
・ショートパスタ  50g程(水に漬けてふやかしておくと、茹で時間を短縮できます)
※下の写真のパスタを使いました。短い+スープに絡みやすい形ならなおヨシ!!
・顆粒コンソメ 小さじ1
・オリーブオイル  適量
・調理酒 (あれば。今回は赤ワイン。白ワインでもバーボンウィスキーでもOK)

スポンサーリンク

作り方
〇 カニの身を別皿に移しておく。
 
 
 
 

〇 カニ汁が残ったカニ缶の中にニンニク一片を入れてナイフで刻む

 

 

〇 ミニトマトも入れてナイフで刻む

 

 

〇水につけておいたショートパスタ(水も100mlほど一緒に加える)、コンソメ小さじ1も加える

 

 

〇オリーブオイル大さじ1、酒(ここでは赤ワイン)小さじ1を加える。

 

 

〇 強火でぐつぐつと沸騰させながら、お湯を蒸発させてとばす。
※強火のほうが、オリーブオイルが撹拌されて乳化して美味しくなります^^

 

〇 パスタが柔らかくなり、お湯が適度に沸騰して少なくなるまで煮る(今回は5分ほど)

 

 

〇 最後に、別皿に移していたカニの身を加えて10秒ほどグツグツさせたら完成!

 

 

この時点でカニ+ニンニク+ワインの香りがすさまじすぎてヨダレが滝…笑
塩コショウしようと思ったのですが、この時点で香り良すぎたんでやめました笑
それでは実食…

これは新感覚!!カニの旨味がすごすぎて、パスタを食べてもトマトを食べてもカニの味!!昇天する美味さです…。

パスタ単体の味なら人生で圧倒的に一番うまかった…これは凄すぎる。
オリーブオイルとパスタ汁をグツグツさせたので、しっかりトロトロに乳化しています^^ カニトロです笑
カニの旨味にトマトの酸味がちょっと聞いてるのも抜群にポイント高いです。

ちなみに、今回の雲取山詳細ルートはこちら↓百名山で東京都最高峰です。

山頂からの夕日は圧巻でした!

ちょうど良い高さに夕日が来たので、こんな写真も撮れちゃいました笑
山ごはんは雲鳥山荘の調理場で作りました。小屋の中がカニの匂いですごいことに…笑
美味しさも楽しさもいっぱいの、大満足な登山になりました^^

以上、ぜひともご参考下さい!
ごちそうやまでした!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました