【登山・キャンプ料理 No. 63】火を使わない!炊飯器と焼肉のタレで作る「一番簡単チャーシュー」

【レシピ情報】
・所要時間 下準備込みで、自宅で二時間くらい+山頂でカットするだけ
・難易度  一番かんたん(加熱は自宅でのみです)
・プチ解説 湯煎は耐熱ポリ袋でしましょう!通常のジップロックだと、溶ける可能性アリです。

スポンサーリンク

今回は「なるべく簡単にチャーシューを作って山で食べられないか」を実験しに、弘法山に行ってきまし
た!(もう食事がメインです笑)

自宅で作りきってしまって、山頂ではカットするだけ、まさにズボラ山ごはん…。
省けそうな調理工程はざっと省いて作ってみましたので、結構大味な仕上がりになっています。でも、お陰様で赤ワインに抜群に合う仕上がりになりました!!

油がそんなに得意でない人はきついかもしれませんので、ご了承ください…。
手間を惜しまない人は、最初に豚肉の湯煎をして油を落とすと良いかもしれません。(今度実験してみますね)

それではレシピをご紹介!

材料2~3人前 ※使う順

・豚ロースブロック 250g (炊飯器に入るサイズならOK)
・刻みニンニク(チューブでもOK)
・塩コショウ 大さじ1/2(気持ち多めが◎)
・焼き肉のタレ 適量

その他必要なもの
・耐熱ポリ袋(通常のジップロックだと、炊飯ガマにふれて溶ける可能性があります!)
私がいつも使用しているのがコチラ↓ローストポークや鶏チャーシューもコレでOKです。

いーぬいの楽天ROOM/耐熱ポリ袋

スポンサーリンク

作り方
※全部自宅調理です。

〇 肉を冷蔵庫から出して30分放置し、室温に戻す
味が染み込みやすいように、表面に包丁で網目模様状に切込みを入れる

 

〇 耐熱性のポリ袋に、お肉と塩コショウ大さじ0.5、刻んだにんにく、焼肉のタレを加えてよく揉み込む

 

〇 炊飯器にお湯を貼り、お肉を入れて、保温で2時間待つ
※お湯は70℃がベスト。お湯を沸かしたときに、鍋底に小さく気泡が立つくらいの温度です

 

〇 炊飯器から取り出し、粗熱が取れたら冷蔵庫で一晩。
そのまま保冷して山に持っていきます!



〇 山頂に到着、後はカットして食べるだけです!!

ではお肉を切り分けていきます…。
仕上がり上々、しっかり火が通っています!!
そして先ずはそのまま実食…。
※まな板は干した牛乳パックです。

しっとりしているのにガツンと肉な味!!味がしっかりしていてウマい!豚々しさが口の中に広がります
でも結構大味ですね、多分油が得意じゃない人はきついんじゃないかな…という味です。ラーメン二郎好きな自分にとっては大好物の味ですが笑

そして、タレも絡めて再度実食…

美味しすぎますね!!さらにハッキリした味になります。
赤ワインがすすむすすむ笑



赤ワインとの相性も抜群でした^^

ちなみに、今回は散歩がてら弘法山に行ったときに作ったレシピです。
道は平和でベンチも多くて、山ごはんを楽しむにはうってつけですね^^

肉とワインと弘法山 ※秦野駅→弘法山→鶴巻温泉駅 / いーぬい⛰山ごはん屋🍳さんの弘法山の活動データ | YAMAP / ヤマップ
弘法山の日帰り低山登山・山登りレポート。日帰り。累積標高は307m、距離は6.8km。天気は晴れ。浅間山~権現山~弘法山~吾妻山。※ルート 秦野駅→権現山→弘法山→鶴巻温泉駅 バスは使ってません。 のんびりハイキング&山ごはんを楽しみた

以上、ぜひともご参考下さい!

ごちそうやまでした!!

 

使用しているクッカー・オススメクッカーはこちら

【山道具】山ごはんを作るなら、このクッカー&バーナー!!選び方とおススメをご紹介
結論、クッカーは、深めのフライパン or メスティン、バーナーは、キャプテンスタッグかプリムスの、台座が小さくないものが良いかと思います。

調味料の持ち運びについてはコチラ

登山・キャンプでの調味料・油の持ち運びには 100円均一アイテム がおすすめ!!
基本的には 100円均一のケース類を、無印良品で購入したポーチに入れています。 要点をざっくりまとめると、ポイントは以下の通り。 ・ スパイス ➡ ダイソーのクリームケース ・ オリーブオイル ➡ セリアのタレビン ・めんつゆ ➡  R-1 ヨーグルトの空ボトル ・調理酒(バーボンバーボンウィスキー) ➡ スキットル ※100円均一のアイテムは、大体どこでもOK

私が実際に購入したアウトドアグッズ&料理関連リスト

購入済みのアウトドアグッズ&オススメ商品|ROOM - 欲しい! に出会える。
私も実際に購入したもので、かつ良かったものまとめています。

 

山ごはんレシピもりだく山!! - にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました