【登山・キャンプ飯 No. 28】和風ソースの本気ローストビーフ

【このレシピのPOINT !!】
〇 低温調理でとってもジューシー!!お肉は表面をフライパンで焼いた後、炊飯器で保温 60分!

タレは刻んだきのこ・すりおろし玉ねぎを使ったこだわりの和風ダレです。

スポンサーリンク

今回はこだわりの和風ローストビーフの紹介です。

以前、こちらの記事でとにかく手を抜いた簡単ローストビーフを作りましたが、今回はちゃんと最初焼いています笑↓

【登山・キャンプ飯 No. 20】肉、タレ、ポリ袋、炊飯器だけで作る「究極のずぼらローストビーフ」
【このレシピのPOINT !!】〇 手間よりも作りやすさを重視した、究極のずぼらローストビーフです! 〇 焼きません。炊飯器の保温機能だけで火を通します。〇 家で作って山にもっていくので、山で火がつかなくてもOK! ...

その結果、前回よりもすごく柔らかく仕上がったので、ご紹介しますね!

ここに写っていない材料も追加したので、悪しからず...

※ここに写っていない材料も追加したので、ご注意下さい…

材料2人前

・牛モモブロック 350g (海外産の赤身肉でOKです!)
・きのこ類(しめじ・マイタケ等) 100gほど(適当でOK)サラダ油  多さじ1
・玉ねぎ 1 玉分
・ニンニク 1 片
・砂糖 大さじ2 
・鷹の爪 1 片

※タレの材料(A)

・お酢 小さじ1 
・ 調理酒 大さじ1
・ 醤油  大さじ1

スポンサーリンク

【作り方】

~ソースの材料の下準備~

〇 ニンニクときのこ(しめじ・マイタケ)を細かく刻んでおく。(ソースに使います)

 

 

 

〇 玉ねぎをすりおろしておく(こちらもソースに使います)

 

 

 

 

~お肉の調理~

〇 お肉は常温で30分程放置し、常温にしておく。

【ポイント】冷たいまま使うと、芯まで火が通らなくなります!常温にしてから焼きましょう。

 

 

〇 サラダ油を引いて、強火でさっと焼く。前面に焼き目をつけたら、フライパンから取り出しておく。

【ポイント】焼時間は一面につき10秒くらいでOKです。表面をさっと殺菌するイメージで。

 

~続いてソース作り~

〇 お肉を焼いたフライパンにサラダ油をひいて、砂糖・ニンニクみじん切り・鷹の爪をいれて弱火で焼く。

【ポイント】鷹の爪の辛味・旨味は油に溶け出しやすいので、最初に炒めましょう。

 

〇 すりおろした玉ねぎ、細かく刻んだきのこ、タレの材料(A)を加えて、煮詰めればタレの完成!

 

 

 

〇 耐熱ポリ袋にお肉とソースを入れてよく揉みこんで、炊飯器に入れて水(冷たいままの水道水でOK)を注ぐ。

このまま保温で60分。

粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて冷やしておく。

 

【ポイント】

※ポリ袋は耐熱性のものを使いましょう。溶けてしまうことがあります。

私が愛用しているのものも併せて紹介しておきます。これがコスパ抜群!


【限定販売】送料無料1000円ポッキリ 300枚(26×39cm) 湯せん ポリ袋 加熱 冷蔵・冷凍 日本製 国産 ポリ袋 高密度ポリエチレン 防災 熱湯調理 湯煎 湯せん 茹でれるポリ袋 時短料理 時短調理 簡単調理 便利グッズ おしゃれ 湯煎袋 同時調理 複数調理 湯せん袋 ゆせん 牛丼

 

さて、山頂に持ってきました!

干しておいた豆乳パックをまな板にして、切り分けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火の通りもかなりいい感じ…

これを並べてソースも加えて…完成!!

さて実食…

お肉の柔らかさがすごい!!歯触りもすごく良くて、いつまでも噛んでいたいけどなくなってしまう…

タレも大成功です。すりおろし玉ねぎ×きのこ の組み合わせで、旨味が鼻を駆け抜けていきます笑

すごく上品なのに力強い感じ…これはウマい!

 

後半はバーナーで炙って味編してみましたが、これがまた美味しい!

タレには砂糖を少し多めに入れておいたので、焦げ目もできていい感じに仕上がりました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました